「クライスラー・イプシロン」が日本上陸

2012.11.16 自動車ニュース

クライスラー、新型コンパクトの「イプシロン」を発売

フィアット クライスラー ジャパンは2012年11月15日、新型のコンパクトカー「クライスラー・イプシロン」を、12月15日に発売すると発表した。

「イプシロン」はクライスラー・ブランドにとって4年半ぶりに日本市場に投入する新型車。小型車ならではの実用性や経済性に加え、上質な内外装や充実した装備を併せ持つプレミアムコンパクトとうたわれる。同型車が同じフィアットグループのランチアから「ランチア・イプシロン」として販売されている。

ボディーサイズが全長×全幅×全高=3835×1675×1520mmの5ドアハッチバック車だが、リアドアのドアハンドルをガーニッシュに隠すことで、3ドアクーペのように見せている。ホイールはベーシックモデルの「ゴールド」が15インチ、上級モデルの「プラチナ」が16インチを履く。15インチには「イプシロン(Ypsilon)」の「Y」をモチーフにしたデザインが用いられる。

一方、クラス最大の広さをうたうインテリアでは、人の体の触れる部分にふんだんにソフト素材を採用。シートはベースグレードにはファブリック、上級グレードにはレザーとファブリックのコンビタイプが装着される。

エンジンは「ツインエア」と呼ばれる0.9リッターの2気筒ターボで、85ps/5500rpmと14.8kgm/1900rpmを発生。アイドリングストップ機構の「Start & Stopシステム」と相まって、JC08モードで19.3km/リッターという燃費性能も実現している。

価格は「ゴールド」が235万円、「プラチナ」が260万円。

(Clubpyme)

「クライスラー・イプシロン プラチナ」
「クライスラー・イプシロン プラチナ」 拡大

「クライスラー・イプシロン」が日本上陸の画像 拡大

「クライスラー・イプシロン」が日本上陸の画像 拡大

「クライスラー・イプシロン」が日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
イプシロン, クライスラー, 自動車ニュース

クライスラー イプシロン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
ホームへ戻る