「日産リーフ」に“ドレスアップ仕様”が登場

2013.12.12 自動車ニュース
「日産リーフ X エアロスタイル]
拡大

「日産リーフ」に“ドレスアップ仕様”が登場

日産自動車は2013年12月12日、電気自動車「リーフ」の特別仕様車「エアロスタイル」を、2014年1月8日に発売すると発表した。

リーフの「エアロスタイル」は、スタイリッシュなエクステリアパーツを装備することで、“先進的なクルマ”をうたう「リーフ」の魅力をさらに高めたという特別仕様車。

具体的には、以下の装備が与えられる。
・専用LEDデイタイムランニングライト(車幅灯連動)付きのフロントエアロフォルムバンパー
・サイドシルプロテクター
・リアアンダープロテクター
・ブルーのアクセントを加えた専用17インチアルミホイールおよび215/50R17 91Vタイヤ

ボディーカラーは、特別塗装色の「アクアブルー」「ブリリアントホワイトパール」のほか、「スーパーブラック」「ダークメタルグレー」「ブリリアントシルバー」「ラディアントレッド」を加えた全6色が用意される。

価格は以下の通り。
・S エアロスタイル:335万6850円
・X エアロスタイル:376万5300円
・G エアロスタイル:408万8700円

(Clubpyme)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
ホームへ戻る