日産、「フェアレディZヘリテージエディション」を発売

2018.03.19 自動車ニュース
「日産フェアレディZヘリテージエディション」
「日産フェアレディZヘリテージエディション」拡大

日産自動車は2018年3月19日、「フェアレディZ」のモデルラインナップに「Heritage edition(ヘリテージエディション)」を追加設定し、同年5月11日に発売すると発表した。

 
日産、「フェアレディZヘリテージエディション」を発売の画像拡大

今回のフェアレディZヘリテージエディションは、北米で人気を博した「280Zスペシャルデコレーションパッケージ(ZZZap)」(1977年)のデザインをリメイクしたもの。ボディーのセンターとサイドに配されたレーシングストライプが最大の特徴だ。

インテリアでは、ステアリングホイールやセンターコンソール、シフトノブなどを、ブラックとイエローのコントラストを生かす形でコーディネート。専用シートにはイエローの「370Z」の刺しゅうが施される。

ボディーカラーは特別塗装色の「プレミアムアルティメイトイエロー」のほか、「ダイヤモンドブラック」「ブリリアントホワイトパール」「オーロラフレアブルーパール」の全4色が設定される。

価格は6段MT車が408万0240円、7段AT車が415万8000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • 「フェアレディZ NISMO」新たなデザインで発売 2014.7.23 自動車ニュース ニスモのスペシャルモデル「フェアレディZ NISMO」のデザインが変更される。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
ホームへ戻る