メルセデス・ベンツS560 4MATICロング

2018.03.29 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はラグジュアリーサルーンの雄「メルセデス・ベンツSクラス」。4リッターV8ターボエンジンを搭載するラインナップの中核モデル「S560」のステアリングを握った。

最新は最善

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは4リッターV8ターボエンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS560 4MATICロング」。現行のSクラスには、このS560のほかに6リッターV12ターボを積んだ「S600」、同じ4リッターV8ターボでも最高出力でS560を30%ほど上回る「AMG S63」、6リッターV12リッターターボからS600を18%ほどしのぐパワーを引き出す「AMG S65」がラインナップされているが、先ごろここに3リッター直6ターボの「S450」が追加されたことは皆さんもご承知のとおり(これに伴って3リッターV6ターボの「S400」を廃止予定)。48Vのマイルドハイブリッド・システムと“電動スーパーチャージャー”を組み合わせたS450はいつか谷口に乗ってもらいたいモデルだが、今回は試乗車が間に合わなかったため、Sクラスの中核モデルであるS560を味わってもらうことにした。

実は、谷口がこの企画でW222と呼ばれる現行型Sクラスを試乗するのは今回が2回目。前回は、およそ1年半前にディーゼルハイブリッドの「S300hロング」をテストしてもらったが、その後、メルセデスはSクラスのマイナーチェンジを実施。これに伴ってS300hがラインナップから外れたほか、メルセデス自慢の先進運転支援装置はさらに進化。加えて、スマートフォンを使った車外からの遠隔操作で並列・縦列駐車が可能になったり、テレマティクスサービスのMercedes me connectが導入されたりと、未来型の装備が充実した。また、公式な発表はないものの、足まわりの設定がより洗練されたとの評価も受けている。

ちなみに、谷口はAMG S63にも試乗したことがあるそうで、今回のインプレッションでもAMG S63との比較が随時、登場していることを付け加えておく。

S560のステアリングを握って走り始めた直後、谷口はこんなコメントを口にした。
「うわー、すっごい快適。ハンドルは低速で以前に比べてちょっと重めなような気がしますが、むしろ重厚感があって僕は好き。ただ『はい、パワーステアリングをつけました』っていう安っぽい感触とはまったくの別物。高級感のある、気持ちのいい重さですね」

駐車場から走り始めた谷口は、自動車専用道路に乗り入れるとスロットルペダルをぐっと踏み込み、S560を制限速度まで一気に加速させた。すると、車内には低く抑えられた「クォーッ!」というエンジン音がかすかに響いた。なかなかの快音だ。

「たぶん、普段走るだけだったらターボなんか要らないと思うんですよ。でもね、いまみたいにアクセルを踏み込むと、ぐいーって気持ちよく加速していく。なんか、もう何km/hまででもずーっと加速していきそうな感じですよね。僕、安全な場所でS63の最高速チャレンジをしたことがあるんですが、250km/hくらいまでなんの問題もなく加速していった。このS560も、それと同じくらいパワーに余裕があるような感じがしますね」

 
メルセデス・ベンツS560 4MATICロングの画像拡大
 
メルセデス・ベンツS560 4MATICロングの画像拡大
メルセデス・ベンツS560 4MATICロング
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5285×1915×1495mm/ホイールベース:3165mm/車重:2260kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:469ps(345kW)/5250-5500rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/2000-4000rpm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1699万円
メルセデス・ベンツS560 4MATICロング
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5285×1915×1495mm/ホイールベース:3165mm/車重:2260kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:469ps(345kW)/5250-5500rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/2000-4000rpm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1699万円拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る