第497回:ダウンサイズ&ミニマル志向のキャデラック
新型クロスオーバー「XT4」を解説する

2018.04.21 エディターから一言
「キャデラックXT4」
「キャデラックXT4」拡大

ニューヨークオートショー2018で、キャデラックは新型クロスオーバー「XT4」を世界初披露した。同ブランドの新世代戦略の皮切りに位置付けられるXT4の見どころとは? オートショー開幕前夜にソーホー地区の「キャデラックハウス」で開催されたプレビューの模様をまじえて、詳しく解説する。

キャデラックハウスでアンベールされた「XT4」。
キャデラックハウスでアンベールされた「XT4」。拡大
キャデラックのヨハン・ダ・ネイスンCEO。
キャデラックのヨハン・ダ・ネイスンCEO。拡大
プレビューイベントでは、キャデラックのデザイン担当エグゼクティブディレクター、アンドリュー・スミス氏も登壇した。
プレビューイベントでは、キャデラックのデザイン担当エグゼクティブディレクター、アンドリュー・スミス氏も登壇した。拡大
会場にはプレスのほか、30代とおぼしき若者たちの姿が多く見られた。
会場にはプレスのほか、30代とおぼしき若者たちの姿が多く見られた。拡大

ロウアーマンハッタンに本社を置く

デトロイトからロウアーマンハッタンのソーホー地区にキャデラックがヘッドクオーターを移したのは2015年のこと。「ATS」「CTS」そして「CT6」と、新しい後輪駆動アーキテクチャーを用いたモデル群がそろい踏みしたその頃だ。

それすなわち、ブランドイメージの大胆な変革を志してのものであることは想像に難くない。他例にもれずキャデラックもまた、その伝統と比例しての顧客の高齢化に頭を悩ませている。そういう視点でいえば、中国のような成長市場での伸長が著しいことは明るい兆しだろう。かの地での顧客平均年齢層は30代だという。

時にジェネレーションYともミレニアルとも呼ばれる、そういう世代へのブランディングを示すショーケースとしてキャデラックが本社の傍ら、つまりソーホーの街角に設(しつら)えているのが「キャデラックハウス」だ。ここでは車両の展示はあくまで副次的なものとされ、新進のアーティストがイベントに活用できるギャラリーや先鋭的なアイテムの並ぶセレクトショップ、マンハッタンローカルの人気コーヒーショップなど、カルチャーの交差点としてのスペースづくりが心がけられている。メルセデスやレクサスなどの前例に倣った面もあるだろうが、そこで提案される価値観は想像以上にシンプルでソリッドな印象だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • 期待しているけど不安もある?
    Clubpyme随一のアメ車オタク 新型「コルベット」を語る
    2019.9.16 デイリーコラム 2019年7月の初公開以来、いまだに話題沸騰中の“C8”こと新型「シボレー・コルベット」。従来モデルからの激変ぶりに賛否両論を巻き起こしているC8だが、コルベットにとって本当に大事なこととは何なのか? Clubpyme随一のアメ車好きが、愛と偏見と思い込みで語り倒す。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
ホームへ戻る