新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場

2018.06.01 自動車ニュース
「ホンダN-VAN」
「ホンダN-VAN」拡大

本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。

助手席側のドアを開いた状態。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)
助手席側のドアを開いた状態。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)拡大
「N-VAN」のテールゲートを開いた様子。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)
「N-VAN」のテールゲートを開いた様子。(図中の数値は、ハイルーフ仕様のFF車のもの)拡大
「N-VAN +STYLE FUN・Honda SENSING」
「N-VAN +STYLE FUN・Honda SENSING」拡大
「N-VAN +STYLE COOL・ターボ Honda SENSING」
「N-VAN +STYLE COOL・ターボ Honda SENSING」拡大
運転席まわりの様子。写真は「G・Honda SENSING」のもの。
運転席まわりの様子。写真は「G・Honda SENSING」のもの。拡大

技ありの軽商用車

N-VANは、「N-BOX」をはじめとする「Nシリーズ」に属する、新型の軽商用車。優れたユーティリティー性を備え、「軽バンの世界に新しい基準をつくる」とアピールされる。

特徴のひとつは助手席側のBピラーを廃したこと。これにより車体側方に大開口(高さ1230mm×幅1580mm)を作りだし、テールゲートと助手席側スライドドアという、2つの動線からの効率的な積み降ろしを可能とした。テールゲートの開口部は高さ1300mm×幅1230mm。荷室床面の地上高は525mmとなっている(寸法はハイルーフ仕様のFF車のもの。以下同じ)。

もうひとつの特徴はパッケージングだ。後席および助手席のダイブダウン機能を使えば、Nシリーズならではの低床フロアと相まって、助手席部分からテールゲートにかけてフラットかつ大容量な積載スペースが利用できるようになる。助手席および後席を畳んだ際の荷室長は1585mmで、室内高は1365mm。重量にして最大350kg、ダンボール箱(380mm×310mm×280mm)なら71個、ビールケース(447mm×364mm×315mm)なら40個まで積むことができる。

好みに応じて荷室空間をアレンジするためのディーラーオプション(ルーフキャリアや簡易テーブル、セパレートカーテン、ラゲッジマットなど)も豊富に用意される。

エクステリアのデザインは大きく分けて3種類。「G」グレードと「L」グレードで構成されるスタンダードタイプのほかに、丸目のヘッドランプが特徴の「+STYLE FUN」、低めのルーフを持ちスタイリッシュなイメージが演出された「+STYLE COOL」がラインナップされる。

運転席周辺のデザインについては、道具としての使いやすさと気持ちよく働ける空間をテーマに開発。“タフなつくりの棚”を思わせる収納や、傷が目立ちにくく、きれいな状態を長く保(たも)てる内装が与えられている。安全運転支援システム「ホンダセンシング」が標準で備わる点も、セリングポイントとなっている。

なおN-VANは全車、4ナンバーの軽貨物車。自動車税の負担は、5ナンバーの軽乗用車(1万0800円)の半額以下(5000円)となる。

(Clubpyme)

関連キーワード:
N-VAN, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-VAN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】NEW 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダが軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 安全運転支援システムの性能を強化 2019.10.3 自動車ニュース ホンダが「N-BOX」を一部改良。衝突軽減ブレーキを、横断する自転車にも対応させたほか、街灯のない夜間の歩行者も検知可能とした。運転席&助手席シートヒーターや左右独立式リアセンターアームレストの設定拡大など、その他の装備の充実化も図っている。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
ホームへ戻る