GR印のトヨタ純正高性能エンジンオイル発売

2018.09.07 自動車ニュース

トヨタ自動車は2018年9月7日、新開発エンジンオイル「トヨタ純正 GRモーターオイル」を発表。同日、販売を開始した。

今回発売されたGRモーターオイルは、ドイツで毎年開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参画を通じてTOYOTA GAZOO Racingが培ったレース用オイルの材料技術を基に、市販車用の高レスポンススポーツオイルとして開発されたもの。

サーキットでのタイムアップや、街乗りおよびワインディングロードでの違いが体感できるという粘度0W-20の「Circuit(サーキット)」と、ストリート走行を重視し、ハイレスポンスとしっとり感のある回転フィーリングを両立させた0W-30の「Touring(ツーリング)」の、計2種類がラインナップされる。

いずれも最新の高性能ベースオイルに高性能ポリマー、モリブデン化合物を含む摩擦低減剤を添加することで、レスポンス向上と耐久性の高さを両立。一般用途として現在販売されているトヨタ純正モーターオイル(SN 0W-20)と比較した場合、以下の効果が確認できたという。

  • サーキット:「トヨタ86 GRスポーツ」(6段AT車)の0-100km/h加速タイムが0.24秒向上。
  • ツーリング:「トヨタ・ヴィッツGR」(CVT車)において、エンジン回転がより滑らかになることによる室内ノイズ低減(約3dB低減)

価格はサーキットが1万2000円、ツーリングが8000円(ともに4リッター缶入り)となっている。

(Clubpyme)

トヨタ純正の新エンジンオイル、「GRモーターオイル サーキット」(写真左)と「GRモーターオイル ツーリング」(同右)。
トヨタ純正の新エンジンオイル、「GRモーターオイル サーキット」(写真左)と「GRモーターオイル ツーリング」(同右)。拡大

関連キーワード:
カー用品, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事