「ジャパン・ロータスデー2019」の会場から

2019.09.13 画像・写真

2019年9月8日、9回目となる「JAPAN LOTUS DAY(ジャパン・ロータスデー)」が静岡県の富士スピードウェイで開催された。

翌日関東に上陸し、大きな被害を残すこととなった台風15号の影響が心配されたが、午前中は時折真夏をほうふつさせる強い日差しが照り付けるほどの陽気に。ただ、台風接近による天候の悪化を懸念してか、例年よりも参加台数および参加人数はやや少なかったようだ。それでも年に一度のロータスの祭典とあって、今回も全国各地からファンが駆けつけた。

今年最大の目玉といえば、7月16日に正式発表された最新モデル「エヴァイヤ」の日本初披露だ。当日はロータス本社から開発関係者が来日し、午前中にメディア向けの発表会を開催。午後からは来場者に向けて実車が披露された。この電動ハイパーカーは、ロータスとして初の試みが各所に盛り込まれた夢のスーパーマシンとあって、ファンの関心も非常に高く、公開直前には展示会場前に長蛇の列ができたほどであった。

この他にも、サーキットでは「ロータスカップ・ジャパン」のシリーズ戦や「ロータス・チャレンジ」などの走行会を実施。パドックでも年に一度だけオープンする“ロータス博物館”こと「ヒストリックミュージアム」や、最新ロータスモデルの展示、ロータスに関するトークショーなど、さまざまなコンテンツが催された。

ただ、14時過ぎになると天候は次第に雨模様に。程なくして急激に雨脚が強くなったことから、来場者の帰路の安全を優先して一部のステージイベントや閉会式とともに実施されるパレードランが中止されることになった。残念なことではあったが、遠方からの来場者も多いため、主催者も苦渋の決断を下したようだ。

それでも夕方近くのコンテンツ以外は、ほぼすべて実施されており、来場者はロータスの祭典を存分に楽しむことができたようだ。当日の様子を、写真を通してリポートする。

(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
新着記事